2020年7月2日木曜日

お知らせとちょっと日記/ info.

今月も人数限定での来場+配信の形でmomo piano solo+(plus) vol.5を開催します。いろんな曲を弾いたり、歌ったり。他ジャンル飛び入り歓迎です。そして今回はなんと、素晴らしいトランペット奏者の佐藤秀徳さんがゲストで遊びにいらっしゃいます。楽しみ!!詳細はこちらから→facebook event page"momo piano solo+(plus) vol.5"

ちょっと先ですが、来月88/4(火) 新宿PIT-INN での松本治さんの2Daysの初日、Trigonometria +6 に参加します。大学の同門で今は歌手として活躍されている小林宏衣さんのvocalをフィーチャーして、とのこと。楽しみ〜。こちらも同時配信があるそうです。詳しくはpit innのページをご覧ください。

森のテラスで平日お昼に定期的に行っていたライブ、再開の時期を考え中です。私がライフワーク的に続けているソロピアノで大切な場所。またここに書きます。

香港のニュース、このままだと向かう先には70年前の再現のように思えてならない。インドとの国境でも死者がでているとの報道もあった。世界の報道が香港の市民の生活を守る方向にすこしでも働くことを願ってやみません。

ちょっと前だけれど娘のお迎えの時にラジオを聞いていて、青山テルマさんがblack lives matterについてかなり長くお話されていて最後に2Pacのchangesをかけていて、すごく良いなあと思いました。曲は知っていたけれど、歌詞の内容は知らなかった。勉強になりました。若い世代に訴える濃い内容のお話でした。

自分の中に偏見などない、という無知をいつも自覚しておきたい。見て、聞いて、触れて学んでいきたい。

2020年6月30日火曜日

I ka ‘ōlelo ke ola, i ka ‘ōlelo ka make

いっそイラストハワイという本のなかで見つけたハワイの言葉。この本のなかでは、言葉は人を生かす事もできるし、人を殺す事もできる、と訳されていました。oxford handbooksというサイトに英語での説明がのっていたけれど、私なりの意訳で、言葉には命も宿るし、死も蠢く、といった感じかな。ハワイの文化というのはとても奥深そうなので、現地に行って確かな事を聞かないと本当のところは掴めないけれど。

言葉というのは生かすも殺すも使い方一つだから、それはしっかり胸に刻みたいな、と思う。人を死の淵に追いやる凶器でもあるし、人を絶望の底から引っ張り上げる光にもなる。人間、いろんな失敗をするし、言ってしまった事は取り返せないけれど、悪いと思った事を心を尽くして謝り、あとの自分がこの世に存在する時間に生かして、他の人に光として返していきたい。

飛ぶ教室というケストナーの本と同名のラジオ番組でちょっと前に高橋源一郎さんが、カミュのペストを引き合いに出して、言葉を発する、書き記す、という事についてお話しされていたのもすごく印象に残っています。何かを発信する時の戸惑いや怯え、という物を完全に置き去りにしてはいけないのだな、と。

このあいだ、両国にダンスの公演を見に行ったとき、公演後の座談会のような場で、出演者にマイクで直接、すごく率直な感想を伝え、そのあと深い知識と経験に裏打ちされた愛のあるコメントを言ってらっしゃった方がおられ、目ん玉が飛び出るくらいびっくりしたけれど、昨今問題になっている匿名の誹謗中傷とは真逆の世界で、そのあと何事もなかったように親しげに話されている様子とかも含め、人や芸術に厳然とした大きな尊重の気持ちを感じました。人格の否定ではなく、憎しみを含んだ拒絶ではなく、全ての人が違うという当たり前を許容した言葉。面と向かってなら何を言ってもいい、という話しでは勿論なく、言葉で人とつながっていくために、自分の言葉として責任をもっていく、そうありたい、と思わせて頂いた出来事でした。

辛い時、もしくは辛い記憶や時間を癒してくれた、数々の言葉を思い出します。何気ない言葉もあり、言った人は忘れているかも。でも確実に自分を救ってくれました。ありがたいことだなあ、と思います。

2020年6月29日月曜日

ありがとうございました。

昨日のオンラインワークショップにご参加くださった方々、本当にありがとうございました。慣れないオンラインの場ではあったのですが、子どもたちの元気な声や笑顔にすごく励まされて45分 歌ったり、踊ったり、探したり、"あそび"を共有できたことは、私の大きな喜びでした。ありがとうございます。

彼ら、彼女らの無限の発想力をもっと活かせたらよかったなあ、とかいろんな反省点はあるのですが、日常の生活のなかで、"あの音なんだろう?""この言葉はどんな感じの音だろう?""ちょっとうたってみよ〜""ちょっとおとだしてみよっと!"みたいに身近に音を感じてもらえたら嬉しいです。

最後、バナナをもらったおさるをうちに連れて帰る、という私には考え付かない結末の、お買い物ブルース。すごいなあ、と心底思いました。いろんな楽しいアイデアを投げてくれた参加者のみなさんに心から感謝です!

場所や機材もお借りしていろんなアイデアもだしてくださったズッコロッカの皆様、準備段階からzoomの環境なども含めしっかり支えてくださったposseの関谷さんにも心からの感謝を。ご協力なくては今回の企画は成立しませんでした。ありがとうございました。

そして、今回のオンラインで遊ぶ、という企画。デジタル世界との関わりについて私の頭の中のスイッチをカチッと切り替えてくれました。いろんな可能性があるんだな、と遅まきながらシミジミ思いました。少しずつ勉強していこうと思います。

2020年6月25日木曜日

こども

数日前にこどもたちと外で歌ったり遊んだりする機会がありました。音って不思議だなあ、としみじみ。外なので鍵盤ハーモニカとウクレレで歌ったり、動いたりしたのですが、じーっと聴いていたり、一緒に楽器に触ってみたり、身体が動いたり、言葉ではないコミュニケーションが自然と成立する。とても楽しかったし、考えさせられました。

うちの娘が今朝、知人について、とやまのとなりのべつのくにから〜ちゃんはきたんだよ〜、と言っていて、吹き出した。音楽にはそういう線で引かれた境目はないからいいな、とも思いました。

2020年6月24日水曜日

お礼とワークショップについて

先週の金曜はすごく久しぶりでのmomo piano solo +(plus)でのライブ演奏でした。お足元の悪い中会場まで来てくださったお客様、そして慣れない配信の形でトラブルが出る中、お待ち頂きながらも聴いてくださったお客様、急遽機材のセッティングも含め進行と演奏にも加わってくださったふやまさん、私の無茶振りに笑顔で答えてくださってカホンで参加してくださったtozanbu始め様々なバンドで活躍する素晴らしいドラマーのsoheiさん、この状況で表現の場を絶やさないようにと様々な工夫をしてくださったmerdreのうたこさんとステファン、心から感謝しています。言葉では表せないです。また来月7/17(金)、来場者を限定して、配信も、という感染に最大限に配慮した形で開催します。

6/28(日)のオンラインワークショップ、さっきょくゴッコで おとあそび!、初めての試みですが、いろんな方に助けられながら計画を練っています。場所は東京府中の多磨霊園駅ちかくにあるズッコロッカという場所を借りて開催します。音楽家として多方面で活躍されておられるシーナアキコさん所蔵のいろんな楽器があったり、ものづくりの様々な材料があったり、大人も子どもも心踊る自由な場をお借りできることで、すごく勇気をいただいています。ズッコロッカでもオンラインの催しを多くやっているので、ご興味のある方は是非!

そしてzoomという(私にはまだ馴染みの薄い)システムを使う関係で日頃お世話になっているCo-Study space “Posse”の代表の関谷昴さんにもご協力頂くことになっています。普段は中高生、大学生の学びや交流の場になっているposseですが、近々シェアオフィスの利用も始めるといことなので、益々いろんな方の集う場所になるのかな、とすごく楽しみにしています。

zoomの性質上、同時に音を出す、合奏する、というのは難しそうなので、一緒に動いてみたり、リレーにしてみたり、音と言葉、そして身体で遊べたらな、と。

いろんな方のお力を借りての試み、参加してくださった方が楽しく過ごせるようあと少しだけれど、作戦(?)を練ります!